整体

骨盤の歪みは上半身、下半身、あらゆるところに影響を及ぼします。

お尻が垂れる、四角く大きくなる、むくみやすくなる、下半身太りなど、プロポーションが崩れる大きな原因となっています。
また腰痛や首・肩・背中のこりの原因も骨盤や骨盤周辺の筋肉にあることが多く、生理不順などの婦人科系の諸症状要因になることもあります。

数か月間大きいお腹で生活していたことから骨盤や骨盤の周辺の筋肉に負担がかかり続けていました。
また出産時にも大きな負担がかかり、出産後も抱っこや授乳、おむつ替えなど骨盤周辺に負担が大きくかかります。
子供の健やかな成長のために、まずはお母さんの身体のケアは必須です!

こんな方にオススメです

  • 産後に腰痛、背中の痛み、膝の痛みなどが出てきた
  • 恥骨痛が出てきた
  • 産前のパンツが履けない
  • 産後体型や体重が戻らない
  • 産前からの腰痛が治らない
  • 骨盤が広がった、歪んだ気がする
  • O脚、X脚が気になる
  • 産後の尿もれがある
  • 足がむくみやすい

特に骨盤の緩みが強い産後1〜3ヶ月の間に開始することをオススメします(遅くても産後2年以内)
1ヶ月検診で異常のなかった方、帝王切開で出産された方は2〜3ヶ月後が目安です。
出産後6ヶ月程度はホルモンの影響で、骨盤だけでなく全身の関節が緩んだ状態になっているので、産後の骨盤矯正をスタートさせるのが最も効果的です。

治療ペース

トリアス鍼灸接骨院では、週に一回ペースでの施術をオススメしています。平均8回を目安に施術していますが、骨盤の開き具合、歪みの程度、筋肉の状態により、回数を増やした方が効果的だと思った方には、相談の上回数を延長させていただく場合もあります。

料金表はこちら