鍼(はり)治療とは?

鍼(はり)治療はツボを刺激することで、筋肉や自律神経に作用して自然治癒力を高め、痛みやこりにも効果があります。

特に神経痛・頸肩腕症候群・五十肩・腰痛・頚椎捻挫の後遺症には、国からもその効果が認められ健康保険が適応でき、痛みの軽減に即効性が期待できます。トリアス鍼灸接骨院では全てディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しておりますので、衛生面でも安心して受診してもらえます。

鍼の効果

  • 安心やリラックスをもたらす(神経の機能を整える)鍼
  • 血行が良くなる(血液の流れを整える)
  • お通じなど体調が良くなる(手足のツボで内臓の機能を整えたりする)
  • 痛みをおさえる
  • 傷の治りを早くする(炎症の回復を早める)
  • 風邪などに引きにくくなる(免疫力を高める)
  • 体を丈夫にする(体質を改善し強壮にする)

鍼を行うと体は鍼に反応して血行を良くしたり神経をリラックスさせたりと色々な反応を起こします。

鍼をツボに行うとツボの周りは血行が良くなります。ツボは病気の場所とつながっているためツボの変化が病気のある部分にも伝わっていき、病気のある部分の血流を良くしたり働きを整えたりします。この働きが自然治癒力を高め病気からの回復を早めていきます。

鍼(はり)治療は痛くないのですか?

思っているほど痛くありません。

飛び上がるような痛みはなく、鍼(はり)を刺した瞬間にチクリと蚊に刺されたような痛みです。
「全然痛くなかった」「思ったほど痛くなかった」とほとんどの患者さまは鍼治療後に言われます。

ただ、鍼を刺した瞬間、皮膚の表面ではなく、奥のほうに「響き」という反応を感じます。
「響き」とは言葉で表すのは難しいのですが、鍼(はり)が刺さった都位から、重くだるい感覚が広がる感じです。

「響き」は心地よく感じる場合もありますし、気持ち悪く感じる場合もあります。
何はともあれ鍼(はり)治療が及ぼす反応ですので、心配無用です。

トリアス鍼灸接骨院の鍼(はり)治療は特に痛くなく、体全体に響く快感があります。

料金表はこちら