3月5日(火)大安、雲一つない晴天という絶好のコンディションの中、新しく建てるトリアス鍼灸接骨院の地鎮祭が執り行われました。

 

設計の艸建築の平山さん、施工の響建設の方々と相談しながら、そんなに大きくはないですが、

木造二階建ての、空間を最大限に生かした造りとなっています。

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる時に、神様に工事の無事や安全、建物の繁栄を祈る儀式です。
またその土地の神を鎮め、土地を使わせてもらうことの許しを得るために行います。

こうやって意味を知るだけで気が引き締まります。

完成は7月下旬、これからちょくちょく建設の進行状況をアップしたいと思います。